ビタミンEはサプリメントで摂取しよう

PAGE LIST
ビタミンEはサプリメントで摂取しよう

ビタミンEはサプリメントで摂取しよう

ビタミンEは1922年に発見された栄養素です。大きく分けるとトコフェロールとトコトリエノールの2つとなり、それぞれアルファ、ベータ、ガンマ、デルタに分けられるため、合計で8種類が存在しています。ビタミンEは長時間体内にとどまり、コレステロール値を低下させたり細胞膜の酸化を防いで動脈硬化などの成人病を予防し、ホルモンバランスを整えて更年期障害の症状を緩和してくれる効果などもあります。抗酸化作用にも優れているため、活性酸素を除去してシミやしわを予防しながら細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果も期待でき、活性酸素から赤血球を守ってくれるため女性に多い貧血にも効果を発揮してくれます。トコフェロールとトコトリエノール、それぞれ効果に違いがあるので摂取される方の目的に合わせて選ばれるのがお勧めです。

ビタミンEは、植物油やアーモンドなどのナッツ類、緑黄色野菜やマーガリンなどに多く含まれており、乳脂質やビタミンCと相性が良いため一緒に摂取されるとさらなる効果が期待できます。対象年齢、性別にもよりますが成人一人あたりの摂取目安量は大体8mgから900mgとなっており、必要以上に取り過ぎてしまうと骨の内部がスカスカになる骨粗鬆症になってしまう可能性があるため、気をつけなくてはいけません。そのため、適切な量を管理しながら毎日手軽に摂取できるサプリメントはとても便利な存在となっています。ビタミンEのサプリメントには天然素材を抽出したものに酢酸を使用せず安定化させた天然ビタミンEと、天然素材から抽出したものに酢酸をつけて安定化させた天然型ビタミンE、化学的に合成させた合成ビタミンEがあります。ほんの少量しか含まれていないために通常の食事では摂取しづらいトコトリエノールも、サプリメントならきちんと摂取することができます。水溶性ビタミンは就寝前に飲むのが最適ですが、ビタミンEは脂溶性のため吸収が良くなるとされる食後に摂取されるのがお勧めです。

関連リンク